一つひとつの仕事を進めていくときに、イメージ作りが大切だなって思うんです。

自分が最も大切だと考えているイメージは2つあります。

①ゴールイメージ
②進んでいく進み方のイメージ

です。

富士山登頂であれば、

①頂上に立って、ご来光を仰いでいる姿をイメージ
②○○登山口から入山して、ガイドとともに△△時間かけて、
途中で、休憩をx回○○でとって、そして頂上へというイメージ

この2つのイメージを具体的に持てていないと、ご来光を仰ぐことはできません。

特に大切なのが、
①のときの、自分の感情をより強く具体的に思い浮かべること

富士登山は大変ですよね。
けれど、大変さのその先に、ご来光を仰いでいる自分の姿がある。
そのときの自分の気持ちを思い出す。

途中で止めたくなっても、
「がんばろう!!!」
って思えるんです。

仕事も同じように考えることができます。

①は、自分がやった仕事によって、喜んでいる人の姿を思い浮かべる。
喜んでいる人の姿を見て、自分はどんな気持ちになっているのか具体的に想像する。

②は、「道順」と考えると分りやすいです。
どの道を通って、どのくらい進んで、○○の角を右に曲がって、、、

というように、景色も含めて具体的にイメージを作っていきます。
イメージ作りは、仕事を始める前の準備にあたります。

準備が十分であれば、後はゴールに向けて進んでいくだけです。

途中、想定外の困難が待ち受けていても、ゴールイメージがあれば
難なく乗り越えられます。

もし道順がイメージできなかったらどうしますか?

地図で調べたり、その道を通ったことのある人に教えてもらったり。
むやみに出発したりしませんよね。
出発前に、できるだけの準備をする。

仕事も同じです。
分らないことがあったら、
始める前に、どうすれば良いのかを考えて準備を行うだけです。

難しく考えない、できるだけシンプルに考えるというのがポイントです。

どんなことにでも応用できますよね。(^^)