『究極の、気配り・心配り』

相手に気づかれないようにやるのが、究極の気配り・心配り。

相手に気づかれてしまったら、
「まだまだ修行が足りないな」
と反省する。(笑)