仕事を人に依頼するときには、
「期待する成果/結果」を正確に伝えることが大切ですよね。

さらに、やり方/進め方も説明する場合もありますが、

先輩から後輩への仕事の指示、上司から部下への仕事の指示のときには、
「期待する成果/結果」を伝えるまでで留めておくことも時には必要です。

こういうシチュエーションのときには特に、
「やり方/進め方」はできるだけ具体的に指示しないようにしたいですね。
やり方の工夫は本人に任せる。ここがポイント。

自分で考えたやり方で進めるのと、人から言われた通りにやるのでは、本人の意識が全く違います。

やり方まで指示されると、
その通りに行動して結果が得られなかったときに、指示した人の責任にしますし、やる気にもなりません。
単なる作業者という意識に陥りがちになります。

自分で考えたやり方で進めると、
創意工夫しながら進めることができます。
仕事の途中段階でも、完了したときも、
「どこが良くなかったのか/良かったのか」を本人が考えることができます。
自分で考えたやり方の方が、やる気になりやすいです。

『こいつ、言われたことを言われた通りにしかやらない!』
『いつまで経っても成長しないなぁ~』
なんて愚痴を言った経験をお持ちであれば、試してみる価値はあると思いますよ。(^^)