上司・先輩が、部下・後輩にアドバイスをするとき、

アドバイスは必要に応じて行うのですが、
アドバイスし過ぎると、困ったちゃんに成長してしまうことがあります。

あまりやり過ぎると、
「自分で考えようとしくなる」
「言われたことしかやらない」
「言われた通りにしかできない」
「モチベーションが上がらない」
「上手くいかなかったときに、アドバイスした人のせいにする」
などの弊害が出てしまうことがあります。

アドバイスするときには、
本人の工夫の余地や、自分で考えることをあえて残しておく。

言われた通りにやるのと、自分で工夫を考えた方法でやるのとでは、
身につくことに大きな差があります。