自分は若い頃から、作業を始める前に、
『もっと楽にできる方法はないかな?』
と、いつも考えていました。

考えずに作業を始めてしまって、ズルズルと。
みたいなことを何度も経験したことがきっかけです。

そんな失敗経験があって、考えてから着手するっていうのを自然と身につけていけたようです。

自分の試していた方法で、今でも役に立っているのが、
『シミュレーション』

組み立てた手順の検証に使います。
頭の中で、手順通りに自分が行動しているシーンを、出来るだけリアルにイメージするだけです。

これをやると、漏れや問題が具体的に分かるので、分かったことを手順に反映させてから着手をします。

この方法、いろんな人にもお伝えしています。
誰でも出来るようになる方法です。