小学生の野球指導のお話(守備編)

まだボールの扱いに慣れていない子供への指導。

自分が大切にしていることは、
『素手でボールを捕る感覚』

野球はグローブを使ってボールを捕るのですが、
道具に頼り過ぎてしまうとレベルアップしてきたときに、ボールの扱い方が雑になってしまうことが起こりえます。

「雑な扱い」をしてしまわないようにしていくために、素手でボールを捕る感覚を得られるような練習をします。

ゴロゴロとボールを転がして、素手で(両手で)ボールを捕る練習を繰り返します。
レベルが上がってきたら、少しずつバウンドさせていく。
固いボールを怖がるようだったら、スポンジやゴム製の柔らかいボールで。

道具を上手に使うことは大切なのですが、
道具に頼り過ぎてしまうと、レベルアップしてきたときに雑な扱いが目につくようになります。

このお話からも、
社員の指導に活かせるエッセンスがあると思いませんか?